大腸がんに関するサイト

アクセスカウンタ

zoom RSS 大腸ガンの治療法

<<   作成日時 : 2009/03/21 07:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

大腸ガンの治療法は、様々な方法があります。
主な治療法について説明します。
大腸ガンの治療法


大腸がんがあるかないかを調べる内視鏡、
大腸がんの切除にも使われています。
この内視鏡での手術の方法は
大きく分けて3つあります。
大腸の粘膜から盛り上がった形のがんには、
ポリぺクトミーという方法で手術します。
内視鏡


腹腔鏡手術とは、内視鏡では取りきれない大きなポリープや、
早期の大腸がんを切除するために行われます。
この手術は、1990年代から日本でも行われるようになりました。
結構最近ですよね。。。
腹腔鏡手術


がんで手術ときくと、とても気が重くなりますよね。。
でも、大腸がんは、進行も遅いがんで5年生存率も高いので
手術を受けた方がいいという医師が多いです。
開腹手術は、内視鏡の手術や腹腔鏡の手術では取れない
がんに行われます。
手術の方法は、結腸がんと直腸がんでは方法が違います。
開腹手術


大腸がんの放射線治療の目的は2種類あります。
ひとつは、初期の手術できる大腸がんの場合に、
手術前に少しでもそのがんを小さくしたり、
骨盤の中からの再発を抑えるために使われます。
放射線治療


化学療法って、どういう治療?と思う人も多いかと思いますが、
化学療法とは、抗がん剤を使って治療することをいいます。
抗がん剤という言葉はみなさん聞いたことあると思います。
大腸がんに対する抗がん剤は、副作用がかなりあるのに、
効果が弱いものが多かったそうです。
化学療法

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

大腸ガンの治療法 大腸がんに関するサイト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる